マイクロ法人の合同会社を1人で作る【社保申請まで完全ノウハウ】

起業

こんにちは!みこりです♪

つい先日合同会社を作りました。副業を行うためと節税目的で、特に人を雇うつもりはないのでマイクロ法人(一人法人)です。

マイクロ法人と個人事業主を併用するメリットについてはこちらで詳しく解説しています。

会社員から個人事業主へ。マイクロ法人の二刀流は本当にお得?!

全部一人で手続きをしましたが、余計な費用をかけずに最安で作りました

  • 定款作成以外は外注一切なし
  • 超最低限の支出
    • 登録免許税6万円
    • 電子定款作成費用5,000円
    • 会社印鑑4,000円
    • その他書類発行費・郵送等の雑費~3,000円

今回はこれからマイクロ法人設立を考えている人に向けて、

・事前に決めておくこと
・事前に用意しておくもの
・会社設立サービスに登録
・法人登記
・社保手続き
・税務署への書類提出

までを一人で・最安で作る方法について詳しくお伝えします。

この記事を見ればこんなことが解決できます。

・いつから準備したらいいの?
・会社の設立日っていつ?
・まだやる事業がちゃんと決まってないけど大丈夫?

・マイクロ法人の資本金はいくらにすればいいの?
・社保への加入は必須?
・会社印鑑は作らなきゃいけないの?
・保険証はいつ届くの?

実際私が一人で作ってみてつまずいたこと、事前に知っておきたかったことを書類の記入例や画像を使ってわかりやすく記載しています。この記事を見ればマイクロ法人(合同会社)を作って、社保に入り、保険証を受け取るまでの全てのノウハウがわかります😊

*いきなり開業ではなくまずはフリーランスから、という方はこちらの記事を参考にどうぞ
【完全解説・図解あり】フリーランスの開業届の出し方

では始めましょう♪

マイクロ法人の合同会社を1人で作る【社保申請まで完全ノウハウ】

事前に決めておくこと

まず以下のことを決めます。

  • 会社の種類(株式会社か合同会社)
  • 会社名
  • なにをする会社なのか
  • 会社設立日

会社の種類

合同会社と株式会社、どちらかを作るか選びます。大きな違いは登録免許税の金額の違いです。

  • 合同会社 6万円
  • 株式会社 15万円

その他諸経費も株式会社の方が高くつくので特にこだわりがなく一人法人で人を雇う予定がなければ合同会社で十分だと思います。

会社名

なんでもいいですが「読みやすくて覚えやすい」を意識してつけるといいです。

なにをする会社なのか

会社を作るときに作るのが「定款」です。定款にはその会社についての様々な情報が書いてあり、この会社がどんな事業を行うのか記載されます。定款に書いたこと以外の事業を行っても罰則などはないようですが、既に決まっている事業、今後やるかもしれない事業は登録しておくといいので洗い出しておきます。

(定款への事業内容の登録方法は後述します。)

会社設立日

会社の設立日==法務局で登記申請が受理された日です。定款の作成、出資金の払い込みが終わったら登記申請が可能になります。会社の設立日は1日でなくても中日でも月末でも特に問題はありません。

設立日を決めたらその前月の中頃あたりから後述する会社設立サービスに登録をして定款の作成と出資金の払い込みをするおすすめします。

決算月は基本的に会社設立日の前月になります。
ex) 9/1に登記申請  -> 決算月は8月

事前に用意しておくもの

会社を作る前に以下のものを用意しておきましょう

  • 会社の印鑑
  • 個人の印鑑証明書
  • 事務用品
  • プリンタかコンビニのプリントアプリ
  • (CD ROM・光学リーダー)

会社の印鑑を作る

会社名を決めたら印鑑を作ります。実はわざわざ作らなくても個人の印鑑でも問題ないようです。ただし個人のとは区別した方がわかりやすいのと4,000円くらいで買えるので会社用に作ることをおすすめします。私は楽天のお店で作ってもらいました。

個人の印鑑証明書を取得する

合同会社の登記申請に代表者個人の印鑑証明書(1枚)が必要です。なければ住民登録のある役所に行って作っておきます。登記申請日から3ヶ月以内のものが必要になるので逆算して期限切れにならないように注意します。

その他事務用品

書類をプリントアウトして記入して郵送して…という手続きばかりなので事務用品は必須です。私が実際買ったものはホチキス・クリップ・朱肉・のり・クリアファイル・A4封筒です。自宅になければ購入しておくといいでしょう。

プリンタかコンビニのプリントアプリ

全てをオンライン手続きにしない限り手続き書類を大量に印刷する必要があります。私はプリンタは持ってないのでセブンのプリントアプリで全て印刷しました。

CD ROM・光学リーダーについては後述します

会社設立サービスに登録・登記申請の準備をする

法人を作るには本当に多くの手続きが必要です。

今は便利な法人設立サービスが無料で使えるので活用します。私が利用したのが「マネフォワードクラウド会社設立」です。

会社設立に必要な書類を無料作成 マネーフォワード 会社設立

利用自体は無料ですが、定款作成の費用を行政書士に依頼する費用などは別途発生します(約5,000円)。ステップに沿って記入を進めていくだけで必要な書類をPDFで作成してくれたり、どこの法務局に行けばいいのか教えてくれたり、次に何をすればいいのかが一目瞭然。

一人でやろうとすると、年金やら法務局やらあっちこっちのHPを参照して書類を取ってきて書類の書き方・出し方を調べて…と慣れていない・わからないことだらけなのでものすごく大変な思いをします。

何も使わず一人で頑張ってもかかる費用は同じで調べる手間が膨大なので一人でマイクロ法人を作るのなら絶対に使うべきです。


(↑登録した時点で必要なステップ内容が見れます。シミュレーションできるので早めに無料登録して中を確認するのがおすすめです。)

ステップに沿って法人登記申請までにできるところを進めておく

会社設立予定日の前の月の中頃あたりから始めるのをおすすめします。私は9月を設立日にしたかったので8月10日ごろからマネーフォワードでの手続きを始めました。

1. ステップに沿って設立者(合同会社での代表社員)の情報を入力していきます

2. 定款に記載する事業目的を登録していきます。

こんな感じでテンプレが用意されているのでここから選んだり自分で文言を書けばOKです。今やっていること・今後やるかもしれない事業を登録していきます。10個程度登録することが推奨されています。マネーフォワードでは自動で「附帯関連する一切の事業」というマジックワードが入るので全てが正確ではなくても概ねカバーできます。

定款に記載した目的以外の事業を営める?事業目的の正しい書き方

3. 資本金と決算月を決めます

合同会社の資本金は1円から登記できます。最初マイクロ法人で銀行から借入もするつもりもなかったので1円で登記しようと思ったんですが、銀行口座を開くのに1円や100円だと難しいかもという話を聞いたので10万円にしました。もちろん途中から増資もできます。

決算月は会社設立予定日の前の月にします。

法人口座は住信SBI銀行で無事に作れました。書類郵送から受理までに2週間程度かかりました。正直まだ売り上げもなく、これからの事業計画みたいのを熱く書いただけで不安だったのでよかった…!!一番人気そうな法人口座はGMOあおぞらネット銀行ですね。ただ自分に振込するだけの用途なら振込先と同じ銀行で作るのがおすすめです。

4. 印鑑購入

マネーフォワードでも作れますが、楽天の方が安かったので私は楽天で作りました。

5. 定款の作成

これまで入力した内容で定款を作ります。作成は行政書士にお願いすることになります。費用が安いので電子定款で作成することをおすすめします。

定款作成代はマネーフォワードクラウドの有料プランに登録すると無料になります。
クラウド型会計ソフト マネーフォワード クラウド会計

マイクロ法人といえど決算手続きは個人事業主と比にならない大変さと聞いているので全てを税理士にお願いするケースも多いようです。私の場合、仕分けは自分で行い、決算・申告書のみ税理士にお願いしようと思っているので仕分け用の会計ソフトはいずれにせよ必要。個人事業主の確定申告ソフトもマネーフォワードを使っているので有料プランに登録しました。

登録しない場合、電子定款作成代は約5,000円です。

6. 行政書士さんとメールでやりとり

マネーフォワード提携の行政書士さんからメールで連絡がきます。内容はGoogleフォームに従って定款作成の最終確認をする感じです。

最初のメールが届いてから電子定款が出来上がるまでに私の場合は4営業日かかりました。定款の作成に1週間くらい見ておいた方がいいので、絶対に月初に登記申請したいのであればその前の月の中旬ごろから書類の作成をしておくと安心です。

7. 電子定款をCD ROMに焼く

マネーフォワードに記載されてなくて、行政書士さんからのメールで初めて知ったんですが、登記申請を郵送や法務局に直接行ってする場合は電子定款をCD ROMに焼いて提出する必要があるそうです。

CD ROMがなかったので急いで注文しました。そしてCD ROMが届いて気づきました…

「光学リーダーないやん」

Mac愛用者なので光学リーダーがついてないんですね。一瞬これも買おうかと思ったんですが、昔使ってたWindowsのパソコンを引っ張り出してきてなんとか代用できました。

ちなみに法人登記はオンラインの申請も可能です。この場合CD ROMに焼く必要はありません。代わりに専用ソフトのダウンロードなど必要みたいです。私はこっちの処理のほうが面倒くさく感じたのと、初めてで不安だったので直接法務局に提出して登記申請しました。法務省HP

8. 定款に記載した出資金の入金

出資金の入金をします。この時点で法人口座はないので個人の口座から別の個人の口座に振り込みをするだけです。通帳の写しか、振り込み結果(金額・名前・口座内容がわかるもの)を印刷しておきます。

法人登記

法務局に登記申請する

ようやく登記まで来ました。

こんな感じで管轄する法務局が自動で表示されるので、これまでに準備した書類を揃えて登記申請に行きます。

会社の設立日==法務局に登記申請が受理された日です(基本的に申請に行った日)。勢い余って決算月に申請しないように注意しましょう。

私は直接法務局に行って登記申請しました。かな〜り昭和雰囲気漂う建物のオフィス。人もあまりいませんでした(みんなオンラインか郵送でしょうか)。印紙を買って、書類を提出して30分もしないで申請が完了します。担当者の方から「不備がなければ登記完了予定日は3営業日後です、その時また来てください。印鑑登録できるようになるのでこの用紙も書いてきてね」と登録用紙ももらいました。

社保手続き

さて、無事登記申請が完了して登記完了予定日まで待っていたある日、あることに気づきます。マネーフォワードの画面に会社設立後の手続きが載っているんですがよくよくみたら提出期限があったんです…

年金事務所に届け出をする 期限9月6日

会社を設立すると社保に加入が必須です。そして社保加入の届出は会社設立から5日以内という決まりがあったんです。

9/1に申請したので登記完了予定日が9/6、年金事務所に届出も9/6だとその日のうちに登記事項証明書を法務局でもらってその足で年金事務所に提出しないといけない算段になります。

「のんびりしている時間はなかった…」

ただよくよく調べると登記申請から登記完了の日数は法務局にもよるので、5日以内に手続きできなくても問題ないようです。

社保書類の準備

一応安心しましたが、法務局で書類をもらったらすぐに提出できるように書類の準備を進めていきます。社保手続きは年金事務所に行かないで郵送で行うことにしました。

必要書類の登記事項証明書は登記完了後に法務局で発行できるものです。新規適用届出はマネーフォワードからダウンロードして必要事項を記入しておきます。

さて、この新規適用届出書、ダウンロードしたものが白紙なので自分で記入しなくてはいけません。記入例をよく見て記載します。記入例はこちらにあります

(私の例)

青枠のところだけ埋めて、一応不憫なく手続きができました。細かいところは自分の会社に合わせて変えてくださいね。

ピンク枠の部分が注意です。

会社法人等番号:法務局で発行する登記事項証明書に書いてあるもの
法人番号:国税庁の法人番号公表サイトで確認できるもの

私が確認したところ、登記完了予定日には法人番号公表サイトにすでに登録されていました。似た番号なので注意してください。

【要注意】一人法人でも健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届の提出が必要

マネーフォワードにはこう書いてありますが

注意事項
従業員を雇用した場合は以下の書類も必要です。
・健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届の提出

新規適用届を出しただけでは代表社員の保険証が発行されません。自分用に健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届の提出しなくちゃいけません。

「事業所整理記号」が記入必須になっていますが、新規適用届と同時に出す場合はまだこの番号が発行されていません。私は特に問い合わせずに空欄のままで提出しましたが無事に手続きができました。

この書類を出してから2週間後くらいに保険証が届きました。自分の会社の保険証、なんだか嬉しかったです。

この社保の書類準備が一番難しかった😭 書類の書き方、事業所整理記号、送り方などマネーフォワードにも書いてないので自分で調べまくってなんとか最後までできました。(マネーフォワード、ここだけはもう少しわかりやすくしてほしい…)

法人登記書類を取りに行く

登記完了予定日に再度法務局に行って書類を発行してもらいます。急ぎでなければ郵送でも手続きが可能です。

マネーフォワードのページから必要な部数を入力すると自動で申請書が作られるのでそれをプリントして持っていくだけでOKです。

もらった書類は以下の通り

  • 登記事項証明書 3通
  • 法人印鑑証明書 1通

今のところ社保手続きに登記事項証明書に原本1通、税務署関連の書類はコピーでよかったので、最低1通あればいいと思います(期限切れたら使えないので勿体無い)法人印鑑証明書は銀行口座開設などに必要と言われてますが、私が今申請中のネット銀行では不要でした。

登記事項証明書が手に入ったので事前に用意しておいた社保の書類に必要事項を追記して郵送で提出しました。

税務署への書類提出

税務署への書類提出はマネーフォワードの画面から必要書類をダウンロードして法人番号を記入・捺印して提出するだけです。

普通郵便で返信用封筒を入れて提出しました(心配な人は書留で)。1週間もしないうちに税務署の捺印が押された控が送られてきました。

都道府県税事務所と市町村役場の書類も普通郵便で郵送。こちらは控がないので返信用封筒は不要です。

一人でマイクロ法人、作れました

ここまでできたら基本的にマイクロ法人の作成は終了。お疲れ様でした✨

税金や法務の知識もほとんどない私でも外注せずにここまでできました。費用対効果を考えてもちろん外注するのもアリです、少しでも初期費用を抑えたい、社保・法務局での手続きなど初めてのことも挑戦したい、というのであれば一人で作ることをおすすめします。

途中想定していなかったCD ROMや社保書類を急いで出さなきゃいけなかったりと焦った部分もありましたが、基本的にはマネーフォワードに記載の通りステップに沿って一つづつ完了していき不備もなく無事に手続きができました。

マネーフォワードはステップでどこまで自分が進んだのか、何がまだ必要なのか画面を見えればすぐにわかるのでとてもわかりやすかったです。また本来だったら自分で記入しなくてはいけない法人名・名前・定款の内容もアシストがあって自動入力されるのでミスがなくて安心です。

登録も利用も無料なので(お金がかかるのは定款作成代だけ)、マイクロ法人の設立を考えている人はまず登録してみてどんな手続きをすればいいのか事前に確認してみてくださいね。

会社設立に必要な書類を無料作成 マネーフォワード 会社設立


以上、参考になることがあれば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました♪

*会社事業内容や種別の違いなどで上記ステップで全てが完結することをお約束するものではありません。不明点があれば専門家にご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました