マイクロ法人、社会保険加入後にすることのすべて

マイクロ法人、社会保険加入後にすることのすべて キャリア

社保最適化のためにマイクロ法人を設立した!でもどうやって社保の支払いをしたり、役員報酬を振込むのかよくわからない…

無事にマイクロ法人の設立をしてホっと一息..と思いきや次に待っているのは社会保険の支払い・天引きや給与の振込作業。

*個人事業主とマイクロ法人の二刀流のメリットはこちらの記事で詳しく解説しています
会社員から個人事業主へ。マイクロ法人の二刀流は本当にお得?!

社保に加入した後は年金事務所から次々と手続き関係の書類が届きます。やっとの思いで法人を設立した直後、社保や税金の天引き、支払い方法などよくわからないことだらけの中で何をどうすればいいのか、テンパってしまいますよね。

私も数ヶ月前に個人事業主とマイクロ法人の二刀流で事業を初めました。社保の最適化のためのマイクロ法人(一人法人)です。大量に届いた書類を整理しつつ、わからないことをネットで調べてたり税理士さんに聞いて、先日無事に初めての社保の支払いを済ませました。

今回はややこしいマイクロ法人設立後の社保関連の手続き・注意点について具体的に解説していきます。

この記事を見ればこんなことが解決します。

・社会保険料の確認方法
・社会保険の支払い方法(払込用紙・口座振替・Pay-easy)
・源泉徴収税の有無
・役員報酬の振込方法

では始めましょう♪

マイクロ法人、社会保険加入後にすることのすべて

社保に加入後に届く書類の整理

社保加入後に年金事務所から書類が大量に届きます。それぞれ大切な書類なのでひとつひとつ確認しながら整理していきましょう。

保険証

マイクロ法人を設立後に社保に加入します。自分自身(法人オーナー)の被保険者資格届を出すことで保険証が届きます。私の場合は郵送してから2週間後くらいに保険証が届きました。社保の新規適用届を出したけど自分の被保険者資格届を出していない!という方はすぐに提出しましょう。

*こちらの記事でも社保申請について詳しく解説しています
マイクロ法人の合同会社を1人で作る【社保申請まで完全ノウハウ】

健康保険・厚生年金保険資格取得確認および標準報酬決定通知書

保険証が届いて1週間後くらいにこちらの書類が届きました。被保険者資格届に記載した報酬月額に基づいて算出される標準報酬が記載されています。

なんとも見づらい書類ですが(笑)ここに記載されている金額は社会保険料一覧表と照らし合わせれば理解できます。

【東京都の例】

健保:058千円(ピンク枠部分)
厚年:088千円(黄色枠部分)

私は被保険者資格届に報酬月額「45,000円」と記入していたのでそれに基づいて標準報酬が決定されたということです。記載された標準報酬月額に間違いがないか確認しておきます。

源泉徴収関連の書類

社保ではなく税金に関することですが、会社設立から1ヶ月ほどして源泉徴収の書類も届きます。

源泉徴収の手引書の他にも、所得税の納付書も一枚も届きました。会社設立時に「源泉所得税の納期の特例に関する申込書」(毎月所得税を納付せずに年に2回だけ納付する申請書類)を税務署に提出していたんですが、適用されるのは申請の翌月からで初月は1ヶ月分支払ってね、と記載されています。

ちなみにマイクロ法人の設立をマネーフォワードクラウド会社設立で行っていたのでこの特例書類や社保関連の書類も漏れなく提出できました。納期の特例書類を出さないと所得税の支払いが毎月になるので今後のためにも申請しておくことをおすすめします。


この納付書(正式には所得税徴収高計算書)は源泉徴収税額が0円でも提出義務があります。e-Taxで提出できるので、紙の納付書は使わずに電子手続きしましょう。

さて、源泉徴収の書類は届いたんですが、個人事業主とマイクロ法人の二刀流で事業を始める方のほとんどは所得税がかからない程度(88,000円未満)で役員報酬を設定していると思います。その場合は所得税を天引きする必要はないので納付も不要です(添付の甲欄部分)。

*もし他に給与所得を得ている場合は乙欄になり役員報酬が88,000円以下でも源泉徴収税が発生します。

自分が甲欄か乙欄に該当するかは「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しているか否か、とありますがこの申告書は年末調整時に提出します。年末調整関係の書類は11月ごろに税務署から会社宛に郵送されるので、記入して提出します。

今後源泉徴収が発生するかもしれないので所得税に関するこれらの書類はひとまず保管しておきましょう。

社会保険料口座振替の書類

口座振替の書類も社保加入から1ヶ月後くらいに送られてきました。

社会保険は

  • 毎月20日ごろ送られてくる保険料納入告知書
  • 口座振替
  • Pay-easy(ペイジー)

いずれかの方法で支払います。社保加入の翌月から引き落としは始まります。口座振替で社会保険料を支払う方は忘れずに書類を提出しておきましょう。

社保の支払い方法

さて、ひとまず社保加入後に届く書類の確認ができました。源泉所得税がないであろうマイクロ法人オーナーの次の課題は「社会保険料の支払い」になります。社保の支払い方法3つについて詳しく見ていきましょう。

1. 保険料納入告知書

送られてきた納付書類をもって銀行で支払う方法です。毎月20日ごろに書類が届き納付期限が月末、つまり約10日程度しか支払い猶予がありません。私がそうですが、法人の住所に実際に住んでいない場合は書類を法人住所まで取りに行く手間もかかるわけです。そうでなくとも毎月支払いのためだけに銀行窓口にいく必要があることを考えると以下の2つ支払い方法が使えない場合のみ選択する支払い方法かなと思います。

2. 口座振替

口座振替の場合、ネット銀行は対応していません。マイクロ法人を設立した方は審査が緩かったり申し込みが簡単なネット銀行で法人口座を作ったという方が多いと思います。実際私も住信SBI銀行で口座開設しました。他にもPayPay銀行、楽天銀行、GMOあおぞらネット銀行など使い勝手がいいと評判のネット銀行は口座振替できません。

3. Pay-easy

Pay-easy(ペイジー)は銀行窓口にいかなくてもネット上で支払いができる、というサービスです。保険料納入告知書の場合は支払いのために窓口に行く必要があるので、銀行の営業時間なども考慮していかなくてはいけません。そんな手間を省けるのがPay-easyですが、こちらも利用できるネット銀行は限られていて楽天銀行とPayPay銀行が対応しています。Pay-easyで支払いするのに必要な納入番号は1の納入告知書に記載されているので納入告知書が手元にあることが前提です。

Pay-easyに関して

  • 口座がなくてもPay-easy対応のATMでキャッシュで払う
  • 個人で保有する銀行ATM・オンラインから支払う

という方法でも問題ないということを年金事務所に確認しました。1の窓口支払よりは融通が効くので口座振替できない場合は有効活用することをおすすめします!

法人口座は住信SBIしかない私はとりあえず個人の楽天銀行からオンラインPay-easyで支払いました。メガバンはネット銀行と比べて審査が厳しいともいわれていますが、事前に知っていれば法人口座を作る時に候補にしていたのに..これから口座を作るという方は社保の支払い方法を考慮して検討してみてくださいね。

役員報酬の振込方法

社会保険料の金額が決まれば所得税も決まります。

役員報酬 – 被保険者負担分の社保 = 課税所得

*役員報酬をいくらにすべきかはこちらの記事で詳しく解説中です
マイクロ法人の役員報酬・売上目標の決め方【いくらなら無税!?】

この被保険者負担の社保の計算方法ですが年金事務所のHPにこのように記載があります。

(1)事業主が給与(賞与)から被保険者負担分を控除する場合
控除額の計算において、被保険者負担分の端数が50銭以下の場合は切り捨て、50銭を超える場合は切り上げて1円となります。

最低金額の場合、2853.6 + 8052.00 = 10905.60なので控除金額は10,906円になります。

次に、算出した課税所得金額を先程の源泉徴収の表と照らし合わせて、該当する箇所の所得税を源泉徴収します。88,000円以下、給与所得が他になければ源泉徴収は不要です。源泉所得税額が決まると役員報酬の振込金額は以下になります。

役員報酬 – 被保険者負担分の社保 – 源泉徴収税額 = 振込金額

振込日は任意のタイミングで大丈夫ですが、社保の新規適用届を出した時にピンク枠の部分に振込日を記載したと思います。私はもともと「翌月の末日」と記載していたのでその通りに振込しました。

ちなみに振込日付を変えたからといって社保加入資格を失うことはないので、提出内容と相違があっても問題はないです。

金額が決まれば役員報酬を振込しますが、自分の法人口座から自分の個人口座へ振込することになります。これを毎月行います。私のように売上も少ないマイクロ法人で事務処理を外注していない場合は結構な手間ですよね。社保の金額や振込金額は変わらないと思うのでできるだけ自動化したいところ。やはり社保の支払いは口座振替にしたいな、と改めて思いました。

まとめ

マイクロ法人設立後にする社会保険の手続きのすべてについて解説しました。

会社の設立に関してはサービスが充実していたりネットの記事も多いですが、この辺の細々した事務処理についてはなかなか情報がまとまっておらず「本当にあってる?支払いが遅れたらどうしよう..」と不安な気持ちでいっぱいでした。この記事を読んで少しでも疑問が解決されればうれしいです。

やはり早めに知っておきたかったのが社会保険の支払方法。事前に知っていればメガバンに申し込みしていたかもしれません。なんともネット銀行ユーザーには手厳しい支払方法しかない…今後口座振替にネット銀行も対応してくれるのを祈るばかりです。

さて、今後の年末調整等の処理などでどんなことが必要になるのかまた記事にしたいと思いますので是非チェックしてみてくださいね。

以上、参考になることがあれば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました