実体験済み!ニキビの治し方【症状別完全版】

ニキビ

こんにちは!みこりです♪

「常に顔にニキビがある」「皮膚科に行っても秒で診察が終わる」「健康的な生活を送っているのになぜ?」こんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

筆者も中学の頃からニキビに悩まされありとあらゆる治療を試してきました。
ひどい時は顔中ニキビだらけで中には大きくて痛いニキビもあって。
清潔にしているし、健康的な生活なのになんで??
もう家から出れない…

こんな体験をしてきた筆者ですが、33歳になった今では大きなニキビはできず、小さなものがたまにできる程度にまで収まっています。
実体験を経たからこそ伝えられる保険治療から自費での内服治療まで、症状別の治療法【完全マップ】をお送りします。

この記事を読めば今すぐ行動を起こしてニキビ改善への第一歩が進めます!

では始めましょう♪

ニキビの治し方【症状別完全版】

【原因がわかっている人】

症状

  • 普段はニキビはないんだけど、睡眠不足や過度な食生活でニキビができる
  • 化粧品が合わなくてニキビができる

試してみること

ニキビの原因がはっきりしているので、以下のことを意識して「ニキビの原因」を作らないように生活してみてください!

  • 十分な睡眠をとる
  • 体に悪いものをなるべく食べない(ジャンクフード・スナック・スイーツなど)
  • きちんとクレンジング・洗顔をして肌を清潔に保ち、保湿する
  • 肌に合わない化粧品はすぐにやめ、敏感肌用の化粧品に変える

あまりにも当たり前なことですが、原因がわかっている分それを取り除いてあげれば改善が期待できます!

【軽症 ~ 中軽症】

症状

  • 原因がよくわからないけれど繰り返しニキビがポツポツできる

試してみること

まず保健治療の皮膚科を受診してみてください!!
「ニキビは皮膚科へ」と言われているように、ニキビは病気の一種です。「尋常性ざ瘡」というのが正式名称です。
正直皮膚科によってはあまり診断もせずに、一辺倒の診察で薬を処方されることもあると思います。
なので診察前に「保険で処方してもらえるニキビの薬」について調べておいて、自分から相談してみるのもいいです。
おそらく以下の薬が処方されると思います

  • 抗生物質
  • ビタミン剤
  • ダラシンTゲル
  • ディフェリンゲル
  • べピオゲル

どの薬も効果は高いので、ニキビ改善が期待できると思います。
べピオゲルは割と新しい薬で私も20代後半から使っていましたがかなり効果がありました。
炎症が抑えられてニキビが小さくなっていく感じがあります。
またディフェリンゲルよりも刺激が弱めでした。

問題はこれらの薬の効果が持続しない場合です。
「皮膚科に行ったのにまたすぐニキビができる」とか「抗生物質とか長く飲み続けられないから再発した」という方は、次の重症の治療を試してみて下さい。

【重症】

症状

  • 保健皮膚科の治療を数年続けたけれど効果がない
  • 繰り返し炎症を伴うニキビができる

試してみること

ピル・アルダクトン(スピロノラクトン)・アキュテイン(ロアキュタン)を取り扱う皮膚科(自費治療)を受診してみて下さい。海外では一般的な保険治療外の治療が可能です。

ピル【女性限定】
  • 生理前にニキビがひどくなる方に効果が高いと言われています
  • ホルモンバランスを整えて皮脂の分泌を抑制する効果があります
アルダクトン(スピロノラクトン)【女性限定】
  • 利尿剤の薬で男性ホルモンを抑制する効果がある薬です
  • ピルと同じくホルモンバランスを整えて皮脂の分泌を抑制する効果があります
  • こちら単体で服用すると生理周期が乱れるのでピルと併用することが必須です
アキュテイン(ロアキュタン)
  • 強いビタミンA類似薬です
  • 皮脂の分泌を抑え、抗炎症効果があります
  • 副作用がある強い薬ですが、重症ニキビにとても効果が高くニキビが再発しにくいと言われています

筆者の体験

筆者は軽症~重症までの治療は全て体験済みです。実際に…

  • 生活習慣を整える  ・・・ 改善せず
  • 保健診療の皮膚科治療を受ける ・・・ 一時的には改善するが外用薬がだんだん効かなくなってくる
  • 自費診療の皮膚科治療を受ける ・・・ ピルとアルダクトンを服用し始めて今の状態まで改善する!!

という結果を経ています。

筆者が「ホルモン治療やビタミンAの内服薬」という選択肢があると知ったのは散々悩み続けた20代半ばごろだったんですね。
散々お金をかけ、辛い思いをしたからこそあまり知られていないけれど今はいろんな選択肢もあるんだよ、ということを知ってもらいたくこちらの記事を書きました。

まとめ

さて、ニキビに悩んでいる方は基本的に上からのステップを踏んで治療していくことをお勧めします。

  • 生活習慣の改善
  • 保険治療
  • 自費治療

お金をかけずに改善できる場合もあるし、特定の生活習慣が原因だった、なんてこともあると思うからです。
そして、この記事だけが全てではないので、(保険にしろ自費にしろ)お医者様と相談の上、治療は選択して下さいね!!

以上、お読みいただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました