脱毛するなら医療・美容どっち!?元美容スタッフの賢い脱毛術

脱毛するなら医療・美容どっち!?元美容スタッフの賢い脱毛術 美容皮膚科

こんにちは!みこりです♪

脱毛の選択肢は2つ、医療か美容か。

  • 医療脱毛
  • 美容脱毛
    • エステ
    • 家庭用脱毛器

みなさんはどっちで脱毛していますか?どっちで脱毛したいですか?

この記事では元美容皮膚科スタッフの私が医療と美容脱毛の違いと美容のプロたちがどっちの脱毛を選んでいるのかをご紹介します。

この記事をみればこんなことがわかります。

・どこで脱毛するべきか
・損しないお得な脱毛方法
・美容のプロたちはどんな脱毛してる?

でははじめましょう♪

脱毛するなら医療・美容どっち!?元美容スタッフの賢い脱毛術

効果を求めるなら医療一択

医療脱毛と美容脱毛の違いは「脱毛器の違い、脱毛の効果」です。医療脱毛は医師の診察が必要で、永久脱毛といえるのは医療脱毛のみ、毛がなくなるスピードも医療の方が早く、毛がなくなってから再度生えてくる可能性が低いのが医療脱毛です。

医療脱毛を選ぶべき人

  • 永久脱毛がしたい
  • 早く、確実に効果を出したい

という方は医療脱毛一択です。

家庭用の美容脱毛を選ぶべき人

  • 行くのが面倒だから自宅で家庭脱毛したい
  • 多少時間がかかってもお得に脱毛したい

こんな方はエステの美容脱毛と同じくらい効果があると言われている家庭用脱毛器を使うのが合うと思います。

今は医療脱毛と美容脱毛、そこまで値段の差がないのでエステの美容脱毛を選ぶ理由はそこまでない気がします。お得なキャンペーンを利用したいとか、とりあえずワキだけ試してみたいみたいな脱毛初心者の方はエステの美容脱毛でもいいかもしれません。

美容スタッフたちはどっちを選んでる?

私が勤めていた美容皮膚科でも医療脱毛の取り扱いがありました。当時のスタッフたちはみんな脱毛をしており全員が「医療脱毛」をしていました

といっても美容スタッフたちも学生の頃はミュゼなどで安く美容脱毛をしていた人がほとんどです。昔は(10年くらい前)医療脱毛ってすごーく高かったんですよね。ここ数年で医療脱毛が割とメジャーになり、料金もリーズナブルになったことからほとんどが医療脱毛に乗り換えています。

私自身も10年前は美容脱毛でしたが、5年ほど前から医療脱毛に変えました。今は「医療と美容脱毛、どっちがいいかな」なんてことすら思わなくなりました。

医療脱毛の方が高い?

よくある脱毛の広告で

ワキ脱毛無料!!
お好きな箇所打ち放題1,000円!!

みたいな広告ってありますよね。これは「釣り広告」です。無料・激安でお客さんを集めて、数万円する他の部位を有料で契約してもらう、コース契約に誘導するみたいな感じです。こういう広告は金銭トラブルになりがちだし、せっかく楽しみに行ったのに営業のせいで嫌な思いをした、みたいな人も多いと思います。

料金に関して、実は医療脱毛は美容脱毛より料金プランがシンプルでわかりやすいことが多いです。

初回は1時間打ち放題で10,000円。その後は1部位3,000円。

こんな料金体型の医療脱毛クリニックが結構多いです。

どうしてシンプルかというと、美容医療クリニックには脱毛以外にもいろいろ値段の高い施術(二重整形・痩身など)が多いので、脱毛のお客様にあれやこれやと時間をかけて営業・コースの提案なんかをしなくていい、ということが理由の一つです。

お客さんとしてはシンプルな料金体型で変な営業をされることもなく効果の高い医療脱毛を受けられる、というメリットですよね。美容か医療、どっちかで悩んでいる方は料金体型のわかりやすさという点をチェックしてみるのをおすすめします。

お金がない!けど脱毛したい時はどうする?

1部位3,000円のような単発で継続できるクリニックを選ぶのがおすすめです。

  • 脱毛の優先順位を決めて「1ヶ月2部位までやる」など、無理のない範囲で通う
  • 医療ローンは絶対組まない

医療ローンの金利の相場は7%です。普通預金の金利0.001%、住宅ローンの金利1%の時代です。7%でローンを組むのは絶対おすすめしません。(リボ払いは約14%なのでもっとダメ!!)

時間はかかるけどお金が貯まるまでは自分が通える範囲で単発で通うことをおすすめします。綺麗になりたいだけなのにお金のトラブルに巻き込まれたら後悔しか残りません。

医療脱毛のデメリット

・痛い
・絶対にまた生えてこないわけではない
・パーツとパーツの境目が打ってもらえないことが多い
・美容脱毛も結構効果があるので、人によっては美容脱毛で満足できる
私の体験談ですが、ワキ脱毛の時は二の腕の方とかまであるからそこまで打って欲しいじゃないですか、だってそれもワキ毛だから(笑)でも脱毛は基本的に範囲が決まっていていくらワキ毛といえど範囲からはみ出た箇所は一歳打ってくれなくて「そこは二の腕の料金です」と言われてしまいます。
そこで二の腕とワキ毛両方予約して打ってもらってもパーツごとの照射になるとその境目が打ち漏れになりやすく「抜けないー!」ということもよくありました。
その辺の「痒いところに手が届かない」「融通が効かない」というのは美容・医療どっちで脱毛する場合のデメリットになります。

実はかなり使える家庭用脱毛器

その「痒いところに手が届かない」を補うことができるのが家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器は美容脱毛の一種でエステと同等程度の力で脱毛できます。

家庭用脱毛器は約4〜8万円ほどするんですがこれがかなり役に立つのでコスパ高いです。私はケノンという家庭用脱毛器を6年前くらいに購入したんですが今でもまだ現役で使っています。



ケノン

脱毛も部位によって家庭用脱毛器で高い効果を発揮するので一軍脱毛器として使えます。私の場合は太もも、腕、IOなどはケノンのみでほぼなくなりました。

私は全身脱毛をしたわけではないので、ケノンの使い道としてしては

  • 自分で打てる範囲(背中など除く)の脱毛
  • ちょこちょこ全身に生える毛の処理

に使っています。

家に家庭用脱毛器があればエステやクリニックに行かなくても自分で照射できます。家族やパートナーと一緒に使えるので一家に一台置いておくのをおすすめします。

まとめ

美容クリニックスタッフたちはほとんどが医療脱毛で脱毛しています。医療と美容、どっちがいいか悩んでいる方は効果重視・永久脱毛がしたいのであれば医療脱毛一択です。

後からちょこちょこ生えてくる毛や、照射漏れ部分、普段の脱毛としても家庭用脱毛器がかなり使えます。クリニックに行くよりもお得に自分のやりたいように脱毛できますよ。

以上、参考になることがあれば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました