【完全解説・図解あり】フリーランスの開業届の出し方

【完全解説・図解あり】フリーランスの開業届の出し方 フリーランス

こんにちは、みこりです♪

フリーランスとして独立したらまずやること、それは開業届を出すことです。
書類に記入して税務署に提出する、ほとんどの方にとって初めてのことでこんな不安があると思います。

開業届は出さなくてもいい?
書類の書き方がよくわからない…
どこに書類を出せばいいの?
税務署に行かなきゃいけないの?
開業届さえ出せばいいの?他できるお得なことは?

この記事ではこれらの問題を全て解決します。開業届を作成して、開業届の控えを受け取るところまで徹底解説します。実際に私が全く同じ手順で開業届を提出しているので、私が躓いたこと、調べたことまですべて丁寧に説明しています。

では始めましょう♪

【完全解説・図解あり】フリーランスの開業届の出し方

開業届は出さなきゃいけない?

結論:フリーランスになったら開業届は出した方がいいです。

開業届を出すメリット

所得税の青色申告承認申請書を提出して最大65万円の控除が使える

フリーランスにとって控除を最大限に使い、経費をできるだけ計上して税金をいかに抑えるかが大切。何もしなければ会社員よりも高額な税負担が発生します。青色申告承認申請書の提出には開業届を出していることが必須です。書類を提出するだけで65万円も控除が使えるなら出さない理由はありません。

小規模企業共済に加入できる

小規模企業共済はフリーランス版iDeCoのようなもので、1,000円〜7万円までの積立金を毎月積み立てて退職・廃業時に給付金が支給される制度です(iDeCoにも同時に加入できます)。この積み立てた金額が全額所得控除に使えるので多くのフリーランスが活用しているお得な制度です。

他にも証明書代わりになる・屋号を付けられるなどのメリットもあります。

開業届を出すタイミング

フリーランスになってから1ヶ月以内に提出しましょう。

1ヶ月を過ぎても罰則はなく受理もしてもらえるようですが、青色申告書は出した年からの適用になるので事業をしていたのに白色申告になってしまった…なんてことも。これから開業する方は1ヶ月以内に、すでに開業から時間が経ってしまっている方はなるべく早く提出しましょう。

開業届の書き方・出し方

面倒な開業届・青色申告承認申請書の作成ですが、ものの5分で作る裏技があります。マネーフォワードクラウド開業届を利用します。

マネーフォワード クラウド開業届

「えー逆にめんどくさい」
「なんかお金かかるんじゃ…」

と思った方、このサービスをおすすめするのは案件じゃなくて実際私が使って本当によかったからです。無料で・余計なサービスに登録しないで簡単に使えるサービスです。

なんでわざわざ外部サービスを使うかというとこんな面倒で苦痛な時間から解放されるからです。

・必要な書類がどこからダウンロードするのか調べる
・書類の書き方を調べる
・自分はどの欄を埋めればいいの?
・どこに書類を出すのか調べる
・どうやって(郵送?直接いく?)書類を出すか調べる

これだけ調べるのに1、2時間かかるはずです。マネーフォワードを使うことでステップに沿ってポチポチするだけで5分で開業届と青色申告承認申請書両方が作成できます。

私が実際にマネーフォワードを使った時にちょっとつまづいたポイントはこれから詳しく解説しするのでみなさんは全く迷うことなく開業届を無事に提出できるはずです。

では使い方を見ていきましょう。

メールアドレスで登録

登録はメールアドレスでできます。HPの右上の新規登録からメールアドレスを入力して登録しましょう。

ステップに沿ってポチポチするだけ

ここで青色申告を選びます。

  • 複式簿記による帳簿付
  • e-Taxで確定申告

で65万円の控除を利用できます。

途中個人情報(名前・住所等)を入力しここまできたらもう終わり。書類が自動作成されたので書類をダウンロードを押せば開業届・青色申告書類がダウンロードできます。

入力した住所に基づいて書類を提出する税務署が表示されます。自分で調べることなく税務署情報がわかるのが便利。郵送か直接持参かによって必要なものなど(返信用封筒)もここに記載されているので迷うことなく提出の準備ができます。

PDFのダウンロード・プリントアウト

ご自宅にプリンタがない場合はスマホにコンビニのプリントアプリとPDFリーダーをインストールをすればコンビニでプリントアウトできます。

郵送

マネーフォワードからダウンドードした書類にはほぼすべてが記載されていますが、ダウンロード後に

  • マイナンバー
  • 提出日
  • 押印

をして完了です。提出日についてはマネーフォワードには追記するように指示がないですが、ダウンロード書類は提出日が空欄になっているので忘れずに書類提出日を記載しておきましょう。

注意点:控えも記入・捺印して同封する

忘れがちな「控え」もちゃんと記入・捺印して同封します。この控えに税務署の受領印が押したものを返信用封筒で返送してくれます。税務署の受領印のある控えはのちのち小規模企業共済の申しこみや銀行等での手続きで必要になるので忘れずに同封しましょう。

返信用封筒には事前に140円切手を貼り自分の家の住所を宛先として書いて、2つ折りにして同封します。

控えを受け取る

私の場合郵送してから3営業日後くらいには税務署の受領印が押された控えが返信用封筒で送られてきました。意外と早くてびっくり。これにて開業処理は完了です。お疲れ様でした。

開業届を出した後にやるべきこと

iDeCoの手続き

まだ加入していない方

iDeCoに加入すると掛け金全額が控除対象になります。60歳まで引き出せない等注意点はありますが、気になる方は調べてみてくださいね。
https://www.ideco-koushiki.jp/

既に加入している方

フリーランスになったので、掛け金の増額・事業主の変更などの手続きをしておきます。
https://www.ideco-koushiki.jp/join/#event

小規模企業共済の手続き

税務署の受領印が押された開業届の控えがあれば手続きできます。小規模企業共済を利用するメリットはこちらでシミュレーションできます。
https://www.smrj.go.jp/kyosai/skyosai/entry/simulation/index.html

また手続きの詳細については別記事で解説したいと思います。

確定申告の準備

青色申告で65万円の控除を受けるために「複式簿記」で帳簿をつける必要があります。

簿記の知識なんてないけどそれどうやるの?
ひとりでできるの?

大丈夫、簿記の知識がなくても一人でできます!ここで登場するのが開業届でお世話になったマネーフォワードの確定申告サービスです。

はじめてでも安心のサポート体制 マネーフォワード クラウド確定申告

こちらは年間11,000円ほど利用料がかかりますが、数ある会計ソフトの中でも最安クラスで、会計ソフトのシェア第2位、多くのフリーランスが使っている安心サービスです。

もう会社員ではないので事業主として日々の会計管理が必須になります。なんの会計ソフトも使わずに会計管理をするのは無理があるので

  • 青色申告で得られる年間の節税のメリット
  • 税理士にすべてお願いすれば年間20~30万円かかること

これらを考えると年間1万円ちょっとで確定申告が完結できるのは大いにメリットがあります。

\1ヶ月は無料で使えます!!開業の少し前から登録して触って慣れておくのがおすすめです/

まとめ

フリーランスになったらまずやるべきこと、開業届の書き方の徹底解説をしました。

ステップに沿ってやるだけで書類の作成は5分くらい、その1時間後には郵送できるほど最短で開業届が提出できます。開業届・青色申告書を出して65万円の控除で節税メリットを享受して税金対策をしっかりしておきましょう。それからは新たなスタート!!新しい環境でお仕事頑張っていきましょう

より節税対策をしたい方はマイクロ法人を作りましょう!社保に最安で加入できます。
マイクロ法人の合同会社を1人で作る【社保申請まで完全ノウハウ】

以上、参考になることがあれば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました